庭のブログ

「仕事」という言葉ではなく「練習」という言葉に 三重県津市 ガーデンエクステリア

2010年11月30日|カテゴリー「庭のブログ

「仕事」という言葉ではなく
「練習」という言葉に
置き換えてみてはいかがでしょうか?

「仕事」という言葉だと重くつらいイメージになってしまう人がいます。
「練習」は素晴らしく未来のためにしている言葉になります。

たとえ、練習が全身汗だくになるほどに辛くて激しいものでも
「仕事」と比べたら、「練習」はずっと高潔です。

練習とは、私達が大好きなことを
うまくなりたいと思ってするものです。

私達が好んで練習をするのは、大好きなことが上達すれば、
平穏と喜びを感じるからです。

だから、仕事ではなく練習として、
今やっている事を取り組みましょう。

日頃から、「仕事をしなきゃ」とか「きつい仕事だ」と
口にしてはいませんか?

そういった言葉を使うのをやめて、
代わりに「練習」と言いましょう。
10万回練習すれば、
初めての練習も10万回目の練習も、
何ら変わりのない、崇高な練習であることを悟ります。

最後に、「練習」に関する名言をご紹介します。

「練習を嫌な仕事だと思ってやっている人がいるが、
練習とは、この世で一番楽しいレクリエーションとして
取り組むべきものである」

――ベーブ・ディドリクソン=ザハリアス(1924-1956)
オリンピック金メダリスト アメリカ人の女性スポーツ選手
アポアガーデンエクステリア設計施工 三重県津市 http://apoa.bz/

アナンダマイドは幸福を感じると、 脳内に分泌されることが分かっています 三重県

2010年11月29日|カテゴリー「庭のブログ

アナンダマイドは幸福を感じると、
脳内に分泌されることが分かっています。
アナンダマイドは、
脳の中枢神経に作用して、
動機付けや快感の形成など、
人の心理や行動に
様々な影響を及ぼすと考えられています。
まず、脳を幸福感に満たされる状態に持っていく。
すると、この脳内ホルモンが分泌され、
脳は活力に満ちて、
パワフルに動き出す、という訳です。
脳を幸福感で満たす状態に持っていくために
どうすれば良いのでしょうか?
前にも少しお話ししましたが、
一番簡単な方法をご紹介します。
それは、鏡の前で微笑むことです。
できるだけ口角を上げるようにして、
満面の笑みを浮かべるのです。
そうしながら、
「私は幸せだなあ〜」と心の中で何度か
つぶやいてみましょう。
できたら2〜3分間位頑張ってください。
すると、いつもはすぐに子供に怒鳴り散らすのに
その日は、あまり怒らなくて済みます。
会社でも、忍耐できる度合いが増します。
自分の笑顔を見ているうちに、
自分のつぶやきを聞いているうちに、
脳が活性化され、
アナンダマイドが分泌され始めるのです。
脳はだまされやすいんですね。
朝一番で幸福を感じると、
その日は、幸福感が長続きします。
毎朝、自分の微笑みを見て、
脳をだましましょう
アポアガーデンエクステリア設計施工 三重県津市

古くて新しいトヨタ車 ガーデンにもこの感覚 

2010年11月28日|カテゴリー「庭のブログ
img_0029

古くて新しいトヨタ車 ガーデンにもこの感覚

国際エクスポで見つけた。木製物置 庭、ガーデン用

2010年11月28日|カテゴリー「庭のブログ
img_5950

木製物置を国際ガーデンエクスポで見つけました。グレー色。ナチュラルなイメージでアンティーク 庭、ガーデン、エクステリアには最適 三重県津市

潜在意識や神経システム アポアガーデンエクステリア設計施工 庭三重県津市

2010年11月28日|カテゴリー「庭のブログ

今の経済状況や自分の能力について不安を
感じているからかもしれません。

私たち人間は、恐怖や疑念や疑心暗鬼という
感情に翻弄されています。

もっと大局的に物事を見るために、
恐怖という言葉「Fear」の面白い定義があります。

Fearとは
Fantasized Experiences Appearing Real(現実をファンタジー化させた体験)」です。

私たちが怖いと思う大半は、
自分の想像を誇張した物にすぎません。

私たちの潜在意識や神経システムは現実と想像の区別ができないので、
「不安」という同類の不快感を引き起こします。
勇気を持って自分から恐怖と向き合い、恐怖を認識し、恐怖を経験し、
それを乗り越えることです。

恐怖心に抵抗したり、避けたり、その感情を責めたりしないでください。
抵抗すると、それがいつまでも続くという面白い逆説が世の中にはあります。

有名な作家やアーチストの多くもまた、変性の重要性を認識しています。

ラルフ・ウォルド・エマーソン曰く
「怖いと感じる事をやってみなさい。そうすれば、恐怖心は跡形もなく消えていく」。

エレノア・ルーズベルト曰く
「恐怖で立ち止まってしまいそうな経験をする度に、力と勇気と自信が手に入る。
だから、無理だと思うことをやらなければならない」。

マーク・トウェイン曰く
「勇気とは、恐れに抵抗すること、打ち勝つことであって、恐れがないことではない」。

成功に最終ゴールはなく、失敗もまた致命傷にはなりえません。
大切なのは勇気です。

数ヶ月前までは順調に収益が出せたのに、経済やビジネスが大きく変化し、
右往左往されている方が沢山います

人生は常に変動するものです。

難しそうに見えたり、自分には無理だと思ったとしても、
それは今だけです。

気持ちを明るくさせ、
「正しい思考」の道を常に歩かせてくれる情報を自分の心や頭にインプットすれば、
いつでも機知に富んだ行動がとれます。

時間をとって、自分のマインドと心を育てようとすれば、
自分の足で立ち、苦しい状況を好転させることが可能になります。

過去の失敗や恐怖や疑念や方向性の欠如を引きずるのはもうやめましょう。
そのせいで一歩が踏み出せないのですから。

つまり、いつも最悪の気持ちでいるということです。
これでは、失敗してしまう、
怖くて新しい事にトライできないと自分に思い込ませているようなものです。

恐怖と向き合えるパワーと勇気を私たちは持っているのですから
自分から問題や状況に向きあいましょう。

恐怖に向き合わないでいると、
せっかくのチャンスや時間や自尊心を失い、
自分の可能性や才能を正しく使えなくなってしまいます

アポア庭、ガーデン、エクステリア設計施工 三重県津市

scrolltotop